2009年 イベント

さくらのうつわ展

さくらの器 三浦順一作
さくらの器 三浦順一作

3月18日(水)~3月30日(月)

 

瀬戸市に工房を持つ三浦順一さんのさくらの器展です。

三浦さん自身さくらが大好き。

様々な文様でさくらを表現してきましたが、今回は最も慣れ親しんだ

しだれ桜を中心にご紹介します。

おもてなしに大活躍の鉢、皿、日常の食卓で使っていただきたい小皿、取り鉢、湯のみ、めしわんなど。

 

高仲健一 展

4月22日(水)~4月27日(月)

 

師を持たず独学で陶を焼き、書画をしたため、儒教の精神を

学ぶための修行に励んだ結果高仲スタイルというものが

出来上がってきたように思います。

気力充分の高仲さんの個展にぜひおでかけください。

鶏龍山如来立像、象嵌涅槃仏、黒花龍首瓶の他、壷、酒器、

皿、鉢など200点ほどご覧いただきます。

 

桂木一八・上泉秀人 二人展

6月24日(水)~6月29日(月)

 

くり原は今年6月創業20周年を迎えます。

記念展は店の名付け親の桂木一八さんと元お弟子さんの上泉

秀人さんにお願いしました。

丈夫で長持ち、シンプルな食器作りに定評のあるお二人です。

初日6時よりオープニングパーティーを開きます。

どうぞおでかけください。

 

上泉秀人作
上泉秀人作
桂木一八作
桂木一八作

塙 幸次郎 作陶展   

12月2日(水)~12月7日(月)

 

1950年東京生まれの塙さん。

現在は信州新町に工房を持ち、ナラやクヌギなど雑木を用い

7日間ほど穴窯で焼き締めて作品作りをしています。

ろくろは使わず輪積みという手法で成型していきます。

くり原では始めての個展です。

 

お正月 展

12月16日(水)~12月25日(金)

 

出品作家は、三浦順一さん、五嶋直子さん、草野啓利さん。

三浦さんは上絵付けの華やかな器いろいろ、五嶋さんは藍九谷の大皿、鉢、酒器など、草野さんは吹きガラスのキャンドルスタンドやワイングラスなど。

他に、小泉すなおさんとさかいゆきみさんの干支の置物も展示します。