2012年 イベント

三浦順一 さくらの器展

3月7日(水)〜3月19日(月) *13日(火)は定休日

 

恒例となりました

三浦順一さんの「さくらの器展」

 

◉終了いたしました。

展示の模様はブログでご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 


リユースマーケット

4月10日(火) 12時〜17時 


使い続ければ 「ごみ」 にはなりません。

日本には古くから物を再利用するステキな文化がありました。

使わなくなった品物を捨ててしまわず

必要な人に、役にたててくれる人にリレーしたい。

そんな思いから始めたリサイクル市も10回目になります。

新たにリユースマーケットと名前を一新。

春と秋、年2回、半日のみの小さなフリマですが、

今後ともよろしくお願いいたします。

 

今回も売上の一部を「桃・柿育英会」を通して

東日本大震災で両親を失った子供たちを応援します。

「物のリレー」と「心のリレー」。

もっともっとたくさんの人たちに

繋げてゆきたいと思います。

商品は衣類、器、バッグ、靴、アクセサリー、本…

 

ご来場お待ちしております。

尚、お買物袋、小銭をご用意頂けると助かります。

 

 

◉終了いたしました。

「桃・柿育英会」に41,116円を寄付いたしました。

ありがとうございました。

マーケットの模様、ご報告はブログでご覧ください。

 

 

 

 

 


お煎茶の会

4月16日(月) 10時〜12時 


お茶を楽しむ会を主宰している近藤美知絵さんを

講師にお迎えして、お煎茶の香りと味を楽しむ会です。

 

奥の深い自然茶(じねんちゃ)。

きっと目から鱗の体験が出来ると思います。

毎日が忙し過ぎるあなた、時には一幅のお茶で心にゆとりを。

 

はじめての方でも大丈夫。

まだ少し、お席の余裕がございます。

お問合わせは電話かメールにて。

会費は2,000円(お菓子付き)です。

 

自然茶の世界を 五感 で体験なさってください。

 

◎終了いたしました。

お煎茶の会の様子はブログでご覧ください。

 

 

漁村夕照
漁村夕照

髙仲健一 書画陶展

4月25日(水)〜4月30日(月)


大多喜町の山頂に居を構え

自然の恵みを得

時に戦いながら7年が経ちました。

 

昨今の髙仲さんの専らの関心事は「古事記」。

現在その絵本を制作中で

原画を描くことに集中している様子。

いい岩絵の具が手に入ったそうで、電話の向こうの

弾んだ声にも充実した仕事振りを感じました。

折しも今年は古事記編纂から1300年の記念の年。

書画に作陶にと大変楽しみな個展となりそうです。

 

新緑の季節、

柏までお出かけいただけたら幸いです。

 

 

 

◎終了いたしました。

展示の模様はブログでご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


大下邦弘 ガラス展

7月11日(水)〜7月16日(月)


花や植物をモチーフに

優美な曲線で構成されたグラス。

宇宙から見た地球の心象を

色使いに取り入れた香水瓶など

 

独自の技法を駆使し制作した

ガラス作品の数々。

 

初夏のひと時

大下邦弘の世界をご満喫ください。

 

◎終了いたしました。

展示の模様はブログでご覧ください。

 

 


三浦順一 デミタスのカップ&ソーサー と マグカップ展

9月26日(水)~10月8日(月)


今夏、数年ぶりに瀬戸の三浦さんの工房に伺ったところ初めて目にする魅力的な器をみつけました。

そうだ。企画展で紹介しよう!というわけてお披露目することになりました。

さくらの器とはまた違う 様々な表情のカップが並ぶのが 今から楽しみです。

みなさま 是非おでかけください。

 

 

◎終了いたしました。

展示の模様はブログでご覧ください。

 

 


リユースマーケット

10月9日(火) 12時~17時

 

恒例のリユースマーケット。半日だけの小さなフリマです。

今回も衣類、器、アクセサリー、日用品などの品物が並びます。物と心のリレーにご参加ください。

 

*出品したい方は以下まで遠慮なくお問い合わせください。

 

tel & fax 04-7163-5082

(AM11:00〜PM7:00)

 

 

◎終了いたしました。

「桃・柿育英会」に24,287円を寄付いたしました。

ご協力ありがとうございました。

マーケットの模様、ご報告はブログでご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


大江一人「食卓にSAKU(咲く)うつわ」展

10月24日(水)~10月29日(月)

6年間修行した備前を離れ、新天地・益子に引っ越しをした大江一人さんの初めて個展です。

重厚、渋いなど備前焼の持っている特徴とは一味違うやきものを目指し、暮らしの中になじむ使い勝手のよい器作りに励んでいます。

桑沢デザイン研究所を卒業してからアパレル会社でパタンナーとして活躍した経験を活かした大江さんの器で、いままでの備前焼とは一味違う粋、かろみなどを感じていただけましたらと思います。

 

◎終了いたしました。

展示の模様はブログでご覧ください。

 

お煎茶の会

11月1日(木) 10時〜12時

講師に「お茶を楽しむ会」を主宰している近藤美知絵さんをお招きし、無農薬無肥料ならではの香り高い自然茶(じねんちゃ)を使い、楽しいおしゃべりを交えながらおいしいお茶のいただき方を学びます。それから4月に足を運んだ椎葉村のお茶を味わいます。

参加される方は事前の予約が必要です。

会費:2,000円(お煎茶とお菓子付き)

 

◎終了いたしました。

お煎茶の会の様子はブログでご覧ください。

 

 

冬おくりもの展

11月28日(水)~12月3日(月)

 

“冬のおくりもの”をテーマに、

8組の作家たちの作品をご紹介いたします。

寒い季節に人から人へ贈られるささやかな心使い、

作品に込められたさまざまな想い…。

大切な人へのプレゼント。

がんばった自分へのご褒美もさがしにいらしてください。

 

●鍛治陽子 (パッチワークキルトの小物) ●北田峰子 (ステンドグラス)

●小泉すなお (陶時計・干支の置物) ●田路恭子 (羊のオブジェ)

●牧田亮 (土鍋・蓋物) ●矢島美途 (鈴カップ)

●山本伊都子 (十二支の置物) ●Little Brain (イラスト・雑貨)

 

◎終了いたしました。

展示の模様はブログでご覧ください。