取り扱い上のご注意

お買い上げいただいた器を、長く大切に使っていただきたい。そのための基本的な注意点やお手入れ方法を紹介しております。是非お読み下さい。

陶器の扱いのこと

陶器は粒子の粗い吸水性のある器です。使い込むに従って味わいも増すのですが、その扱いにはいくつか注意点があります。

 

◎お使いになる前に

料理を盛る前に、あらかじめ水かぬるま湯に浸してからお使い下さい。料理の汁気などの染み込みを防ぎます。 

焼〆、粉引、貫入(細かなひび)のあるものは特にご配慮下さい。

 

◎お手入れ

使用後はよく乾燥させてからお仕舞い下さい。残った水気が臭いやカビの原因になることも。

 

●電子レンジやオーブン、食洗機のご使用はお控え下さい。

●高台にザラツキのあるものは、テーブルへのキズを防ぐため、テーブルクロスやランチョンマット等の使用をおすすめします。

 

磁器の扱いのこと

磁器は粒子も細かく陶器に比べ丈夫な器です。染み込みも無く、電子レンジもOK(金彩のものは不可)です。

 

◎お手入れ

食洗機の使用もOKです。

 

●ただし薄手のものは欠けの原因になりますので食洗機はお控え下さい。

 

 

ガラス器の扱いのこと

耐熱ではありませんので、熱々のものを入れたり、電子レンジのご使用は避けて下さい。 

 

◎お手入れ

ガラスは割れやすい素材です。お使いになった後は、できれば手洗いして下さい。

漆器の扱いのこと

漆器の扱いにもいくつか注意点があります。使い終わったら早目の手洗いが必要です。長時間、水の中に放置しないことです。

 

◎お手入れ

柔らかいスポンジで洗い、すすいだ後は早目に使い込んだふきんでお拭き下さい。

 

●電子レンジのご使用はお控え下さい。また、冷蔵庫にも入れないで下さい。

●陶器などと重ねると傷の原因になりますのでご注意下さいの。