◉作家で選ぶ和食器

器処くり原で取り扱う陶芸家、磁器作家、漆芸家、ガラス作家などの作家別に和食器をご覧いただけます。画像をクリックまたは、画面右のメニュから作家のページをご覧下さい。

 

三浦順一 Miura Junichi

愛知県瀬戸市に工房をかまえる。上絵付けの器を多く作っていますが、染付けや粉引きの器も手がけています。

 

 





髙仲健一 Kenichi Takanaka

書、水墨画、陶芸すべて独学。漢字文化圏の芸術を研究し、座禅など精神修養も怠らない日常を送っている。





加藤 財 Kato Takara

1948年東京生まれ。工房は香取市。焼締めや火襷の急須とポットを作る。茶のきれ具合がよくフォルムも美しいポットでコアなファンを魅了している作り手です。

 

 


桂木一八 Katsuragi Kazuya

「器処くり原」の名付け親。工房は長野県安曇野市。シンプルな器作りに定評があります。

 

 

 

 


五嶋直子 Goshima Naoko

九谷焼の窯元で修行の後九谷焼技術研究所にて加飾、造形を専攻。生地作り、成形、絵付けを一人でこなす。繊細な絵付けで定評がある。

 

 


森岡光男 Morioka Mitsuo、宗彦 Munehiko

備前ではイサム・ノグチと交流があり、その後欧米を長く旅する。長野県池田町に穴窯を築き作陶に励む。

宗彦さんは光男氏のご子息です。

 



 


川上金一 Kawakami Kinichi

磁器なのに温もり、やわらかさを感じさせる独自の作風を持つ。白磁、青磁を中心に制作。

 



 


上泉秀人 Kamiizumi Hideto

1952年、福島県生まれ。愛知県立窯業高等技術専門校を出てから、安曇野に工房を持つ桂木一八さんに弟子入り。1988年独立し東京都青梅市に築窯、現在に至る。



 


塙 幸次郎 Ban Kouziro

ろくろは使わず、古来よりの技法の手とヘラを用い積み上げる輪積み成形で仕上げる。強い還元炎で焼成している。

 

 




青山徳弘 Aoyama Norihiro

美濃古染付で多治見市無形文化財保持者青山禮三さんの四男坊。父の元で修行後、青山窯を開く。牡丹唐草文様、麦藁手、麦穂、木賊文様などが得意。




翔光窯 Shokogama

京都の榎本中さんの窯です。使いやすく値ごろ感のある食器を多数作る。新作を生み出す努力を怠らない作り手でもある。

 

 


浜野まゆみ Hamano Mayumi

武蔵野美術大学造形学部日本画学科を出てから佐賀県立有田窯業大学校を卒業。伝統工芸士 秀島和海氏に師事。李荘窯 寺内信二氏に師事した後、2001年 川越に開窯。




原田 譲 Harada Yuzuru

東京生まれ。茨城県土浦市で育つ。茨城県窯業指導所成形科修了後、2009年茨城県城里町に工房を持つ。唐宋代の白磁に憧れて作陶を始める。型を作成してその型に押し当てるという技法の作品を多く作る。

 

 


大江一人 Ohe Kazuto

東京都生まれ。桑沢デザイン研究所卒業後、備前焼六姓窯元「桃蹊堂」第十七代木村桃山氏、第十八代木村桃山氏に師事。2012年栃木県芳賀郡益子町にて開窯。



 


小泉すなお Koizumi Sunao

与那原町、琉球焼きの宮城陶房で修行後、玉城村の新工房で本格的に学ぶ。シーサーが得意。食器、花器、陶時計などのほかに、子供用の食器が好評。



 

 


茂野俊也 Shigeno Toshiya

1965年新潟県生まれ。現在は、つくば市に工房を構えています。手元において楽しんで使っていただきたいというコンセプトで作陶されています。釉薬を自分で調合して作ったり、食卓に触れる部分は、細かい土を使ってキズをつけないようにするなど細かな配慮をする作者です。また、気さくで研究熱心な方です。

毎年益子の陶器市では、自作の作品を販売していますが、作者と気づく人はいないとか。職人肌の陶芸家をお見受けしています。

 

 


山本佳靖 Yamamoto Yoshiharu

明治に曽祖父が鳥取県不入岡(ふにおか)、上神一帯の陶土が焼物に適していることに着目、この地に移り住み、明治23年に創業。不入岡の近くには伯耆のみやつこをまつった大将塚があり、「こくぞうさん」と呼び親しまれていたことから、初代秀治が「国造焼」を創始しました。 

 

 

 


山本 博 Yamamoto Hiroshi

土ものの染付を専門に手掛ける作家で主に食器を制作。菊唐草シリーズ、たんぽぽシリーズ、チュウリップシリーズ、ぼたん文などがある。




草野啓利 Hirotoshi Kusano

各務クリスタル製作所を経て1985年自宅、横浜に工房を設立。 宙吹きガラスのワイングラス、タンブラー、小鉢、花器などを作る。



 

 


畠中昭一 Hatakenaka Shoichi

山田強漆器店に入り修行の後1965年独立し河和田町に工房を創立。1997年伝統工芸士に認定される。2008年には越前漆器展覧会において福井県知事賞を受賞。

 


さかいゆきみ Sakai Yukimi

岡山県赤磐市に工房を持つ。素朴な陶雛、五月人形、福助、お地蔵様の他、ビスク人形(ゆきみドール)を制作。



 

 


その他の作家

ネットショップでお買い求めできる作家は以下のとおりです。小川甚八、牧田 亮、加藤勢季子、白羊居工房、平形牧男、森岡光男、森岡宗彦、堀口ガラス、小西 晃(ガラス)、田中勝重(漆器)、須田二郎(木工)、矢島美途、福光焼、山本 萠(書家)など。