髙仲健一 Kenichi Takanaka

1966年茨城県生まれ。取手市出身。書、水墨画、陶芸すべて独学。

漢字文化圏の芸術を研究し、座禅など精神修養も怠らない日常を送っている。

毎年4月下旬「くり原」にて個展を開催。 

 

三島皿
髙仲健一作 陶器/サイズ:縦横23.5cm 高さ5cm   遺世自陶然(世をわすれ自ずから陶然たり)と象嵌されています。 ... (続きを読む)
¥32,400 2
高仲健一 絵ッセイ集「山是山 水是水」
  394mm×212mm×30mm  196頁 外箱付き/自然堂出版   豪華外箱付きで、袋とじ製本です。 昨年J-WAVE BOOKBARで大倉眞一郎さんに紹介されました。 大倉さんは、草蛍哀微命(そうけいびめいをかなしむ・草から生まれるとされる蛍が、己の短い命をはかなむかのように明滅している。)の頁を取り上げていらっしゃいました。 大多喜町の山中で家族や動物たち(犬、猫、ヤギ、豚、鶏)と共に自給自 ... (続きを読む)
¥4,104 2
「絵古事記」高仲健一著
A5判並製本フルカラー 184頁/自然堂出版   陶芸家であり、書家であり画家としての顔も持つ高仲健一さん。すべて独学というからすごい!人ですよね。大多喜町の山のてっぺんに古式建築の自宅をこちらも地元の棟梁の指導の元友人たちの協力も得て自力で建てました。私も一日だけ土壁塗りのお手伝いに行きましたよ。   そんな高仲さんが古事記を手にしたのは22歳の時だったそうです。そして20数年振りに古事記を開きその間漢籍の素養を身に着けた高仲さ ... (続きを読む)
¥1,944 2

高中健一さんは えい出版社から2012年刊行された 別冊Discover Japan「うつわ作家101人の仕事」の070ページにも紹介されております。以上ご参考までに…。

 

また、加藤財さん、原田譲さんも紹介されております。