くり原のこと

  

 日々の暮らしの中で惜しげも無く使えるもの。

 使いやすく、それでいて美しい。

 

 例えば、何でもない食事を豊かにしてくれる。

 そんな器を手に入れたい。

 見てくれだけでなく、

 手にしっくりとなじみ、

 使うことが心地よい 道具 として。

 

 お茶の時間が豊かになる。

 そんなお気に入りの湯飲みとか急須。

 友と酌み交わすお酒がしみじみ旨く感じる ぐい飲みとか…。

 

 一度に揃えてしまうのではなく、ゆっくり気ままに探してみたい。

 

 時とともに古ぼけてしまうのではなく、

 長く使い込むほどに味わい深くなる。

 そんな和の器だから。

 

 

 

 

 

 

大量生産のプロダクト製品にも使いやすく美しい物はたくさんあると思っています。そうしたものに比べ、作家もののうつわのほうが優れているとは思っていません。例えば、歪んでいたり、ひとつひとつの大きさがまちまちだったりとか。扱いも面倒だったり。

でも、プロダクト製品も、作家ものも、どちらも私たちの生活を豊かにしてくれる楽しい選択肢の一つなんだと思います。デパートの食器売り場やインテリア雑貨のお店などで何だかちょっと違うなって思うことあると思います。そんな時には器処くり原ネットショップ をご覧いただけたらと思います。できれば、柏市のお店の方にも是非お立ち寄りください。